授業科目名 戻る
  音楽技能演習T
  担当者名  田中功一・本城菊乃
  科目番号 単位 履修年次 開講数 分野
  3033 1 1 前1・後1 選択
   備 考    
  授業の到達目標
   保育者に求められる音楽技能とその知識をピアノ伴奏、歌、楽器等の実技演習を通して身につける。
  授業の内容
   子どもの歌・童謡の弾き歌い、ピアノ曲の演奏、合唱、器楽演奏、楽典を授業(45分)とレッスン(45分)を通して学ぶ。レッスンは履修者の技能に基づいて指導が行われる。以下は授業の内容を示す。

(1)オリエンテーション
(2)発声の基礎練習・ボディーテクニックの練習
(3)発声の基礎練習・いろんな童謡を歌おう
(4)発声の基礎練習・歌詞を読んでみよう
(5)発声の基礎練習・歌は振り付けを考える
(6)歌の演奏練習
(7)歌の演奏発表
(8)コードを感じて歌う(基礎)
(9)コードを感じて歌う(発展)
(10)リズムに特徴を感じて歌う(基礎)
(11)リズムに特徴を感じて歌う(発展)
(12)色々な楽器を使ってアンサンブルを楽しむ(基礎)
(13)楽器を演奏しながら歌う、アンサンブルを楽しむ(発展)
(14)総復習
(15)まとめ、試験
  事前・事後の学修
   レッスンは事前学習の内容に対して行われる。特に初心者は毎日必ず事前学習を行うこと。学修した曲は必ず復習を繰り返すこと。特に初心者は毎日必ず事後学習を行うこと。
  評価の方法・基準
   授業への参加(50%)、期末試験(50%)による評価。
  履修上の条件
   レッスンは個別指導を含むため、課題は十分に練習しておくこと。ピアノの学習経験が無い者、楽譜を読めない者は困難が予想されるため、その対策を済ませること。「音楽技能演習U」を続けて履修すること。
  使用テキスト・参考書
   板東貴余子 (編集) 『簡易伴奏による こどもの歌ベストテン』〈改訂新版〉ドレミ楽譜出版社、2015年、1,296円
 その他、授業内で個別に指示する。