授業科目名 戻る
  国語U
  担当者名  真下 美弥子
  科目番号 単位 履修年次 開講数 分野
  3008 2 1・2 後1 選択
   備 考    
  授業の到達目標
   保育者として必要な会話表現や文章表現を身につけるための、トレーニングの場である。つねに保育の現場を想定して話し方や書き方を練習し、それを通して社会人として必要な国語力を身につけることを目標とする。
  授業の内容
   前半の各回は保育現場での話し方について学び、後半の各回では保育現場や就活で必要な文章表現について学ぶ。授業では声に出す・書くなどの実践的な練習に重きをおいて進行して行く。
(1)保育者に必要な国語力
(2)聞き取りやすい話し方
(3)あいさつと敬語の使い方
(4)自己紹介の仕方
(5)実習先との話し方
(6)保育現場での話し方
(7)子どもへの言葉かけ
(8)就職面接、保護者との話し方
(9)正しい文字と正しい表記
(10)文章の基本的な書き方
(11)実習日誌の内容
(12)実習日誌を書く
(13)小論文の書き方
(14)小論文を書く
(15)まとめ
  事前・事後の学修
   テキストの該当箇所をあらかじめ読み、練習問題についてもできるだけ解いてみること。日頃から保育に関わる情報に関心をもち、自分のことばで説明できるようにしておくこと。
  評価の方法・基準
   授業への参加態度と提出物(70%)、小テスト(30%)
  履修上の条件
   話し方と書き方を学ぶ場なので、恥ずかしがらずに大きな声を出したり、根気よく書いたりしてください。
  使用テキスト・参考書
   テキスト:田上貞一郎『保育者になるための国語表現』萌文書林、2010年、
      1,890円+税