授業科目名 戻る
  体育実技A(テニス)
  担当者名  宇佐美 かおる
  科目番号 単位 履修年次 開講数 分野
  7023 1 1・2 前1 健康
   備 考    
  授業の到達目標
   本授業では、テニスの基本的な技術やゲームについて、また、テニスの起源や発展の歴史などについて学習し、スポーツ文化としてのテニスを理解する。また、テニスを行うことで身体諸機能の向上をはかり生涯スポーツとして定着させ、楽しみながら運動習慣を取り入れることを目指す。
  授業の内容
   ゲームを楽しむために、テニスの技術習得を目指す。また、知識としてテニスの背景についても学習し、テニスを文化として理解する。

(1)オリエンテーション
(2)ボールに慣れる
(3)ストロークの技術と理論1
(4)ストロークの技術と理論2
(5)ボレーの技術と理論
(6)サービスの技術と理論
(7)テニスを行う上で必要な体力要素とトレーニング方法
(8)コートマナー、ルール、審判方法について
(9)ゲーム戦略について
(10)シングルスのゲーム1
(11)シングルスのゲーム2
(12)ダブルスのゲーム1
(13)ダブルスのゲーム2
(14)テニスの起源と歴史
(15)まとめ
  事前・事後の学修
   授業に積極的に参加できるよう体調を整え、準備をすること。また、毎回の授業の振り返りを授業記録シートにまとめること。
  評価の方法・基準
   授業への参加(「技術到達度テスト」20%、「授業記録」40%)、課題レポート(20%)、最終レポート(20%)により評価。
  履修上の条件
  ・運動に適した服装およびテニスシューズ(靴底がフラットなもので、滑りにくいものなら代用可)を用意すること。
・ラケット、ボールの準備については授業時に指示する。
・定員は20名とする(希望者多数の場合は抽選)
  使用テキスト・参考書
   特に使用しない(ただし適宜資料配付する)。