授業科目名 戻る
  健康科学
  担当者名  中村 有紀
  科目番号 単位 履修年次 開講数 分野
  7022 2 1 前1・後1 健康
   備 考   両科必修
  授業の到達目標
  1.健康とは何か理解する。
2.運動や生活習慣がからだにもたらす変化について学ぶ。
3.性差やライフステージによる変化などの視点から女性のからだを理解する。
4.自らのからだと生活を客観的に分析し、課題を見つけることができる。
  授業の内容
   現代社会における様々な生活習慣や環境が私たちの健康にどのような影響を及ぼすのかを理解するため、科学的に示されたデータを読みながら展開する。特に「運動」、「女性」は各回のテーマにおいてキーワードとなる。
(1)オリエンテーション:健康とは
(2)月経:月経周期とコンディショニング
(3)身体組成:体脂肪の功罪
(4)身体組成:身体を支える骨
(5)身体組成:身体を動かす筋
(6)運動と健康:からだを作るトレーニング
(7)運動と健康:運動強度とエネルギー供給機構
(8)運動と健康:食事と栄養
(9)運動と健康:運動のリスク
(10)女性のからだ:男女のちがい
(11)女性のからだ:ライフステージによる変化
(12)薬物乱用の防止
(13)飲酒と健康
(14)性の健康を守る
(15)まとめ
  事前・事後の学修
   自分の生活・運動習慣やからだのデータを集める課題を随時出題する。それらを客観的に分析し、レポートにまとめていく。
  評価の方法・基準
   平常点・授業課題(40%)
 レポート(30%)、テスト(30%)
  履修上の条件
   基礎体温の測定を課題としますので、婦人体温計を用意すること。
  使用テキスト・参考書
   特に指定しない。必要に応じて資料を配付する。
 参考書は配付資料に記載する。