授業科目名 戻る
  体育実技G(コンディショニング)
  担当者名  中村 有紀
  科目番号 単位 履修年次 開講数 分野
  7029 1 1・2 後1 健康
   備 考    
  授業の到達目標
   本授業は、慢性疾患や障害などを有し通常の体育実技の履修が困難な学生を対象に開講している。運動の必要性について理解し、安全で楽しく継続可能な運動の方法を学ぶ。また、心身のコンディションを自己管理する重要性と基礎的手法を学ぶ。
  授業の内容
   個人の状態に応じて実践可能な軽強度の身体活動を実施する。各回にからだの仕組みと運動についてのミニ講義を行う。
(1)オリエンテーション
(2)体力測定(自分のからだについて客観的に理解する)
(3)軽強度の運動:ストレッチ体操など
(4)軽強度の運動:ウォーキング1
(5)軽強度の運動:ウォーキング2
(6)アダプテッドスポーツ:フライングディスク1
(7)アダプテッドスポーツ:フライングディスク2
(8)アダプテッドスポーツ:ボッチャ1
(9)アダプテッドスポーツ:ボッチャ2
(10)アダプテッドスポーツ:卓球バレー
(11)道具を使ったコンディショニング:バランスボール
(12)筋力トレーニング:ダンベル体操
(13)筋力トレーニング:スロートレーニング
(14)体力測定2(自分のからだの変化を理解する)
(15)まとめ
  事前・事後の学修
   授業内・外で得た身体、運動、健康に関する情報を理解し、それに対応したコンディショニングの実践についてレポート等にまとめる。
  評価の方法・基準
   平常点(60%)、レポートおよび提出物(40%)により評価する。
  履修上の条件
   本授業の履修に際しては、診断書の提出が必要です。また、1回目の授業時に個人面接を行います。
  使用テキスト・参考書
   特になし。必要に応じてプリントを配付する。参考書は配付資料に記載する。