授業科目名 戻る
  ドイツ語U
  担当者名  五十嵐 豊
  科目番号 単位 履修年次 開講数 分野
  7034 1 1・2 後1 教養
   備 考    
  授業の到達目標
   ドイツ語Tに引き続き、ドイツ語の基礎的な力を身につけていく。また、言語のみならず、ドイツ語圏の文化、地理、歴史などへの理解も深めていく。
  授業の内容
   ドイツ語Tで学んだことを土台にしながら、ドイツ語の基礎を固め、更にドイツ語への理解と親しみを深めていく。
(1)ガイダンス 〜ドイツ語で質問し、ドイツ語で答えてみよう
(2)Lektion 5 家族を紹介する 〜所有冠詞
(3)Lektion 5 家族についてたずねる・答える@
(4)Lektion 5 家族についてたずねる・答えるA
(5)Lektion 6 趣味についてたずねる・答える 〜不規則 変化動詞
(6)Lektion 6 余暇活動について話す
(7)Lektion 6 相手を誘う 〜命令文
(8)Lektion 7 休暇の予定 〜話法の助動詞@
(9)Lektion 7 やらなければいけないこと・やりたいこと 〜話法の助動詞A
(10)Lektion 7 できること・やってはいけないこと 〜話 法の助動詞B
(11)Lektion 8 贈り物をする 〜3格の用法@
(12)Lektion 8 自分に似合う洋服を買う 〜3格の用法A
(13)Lektion 8 一週間の予定
(14)後期の復習
(15)まとめ 
  事前・事後の学修
   授業内容を復習するための宿題にきちんと取り組むこと。また、教科書付属のCDを用いて、テキストの音読練習をすること。
  評価の方法・基準
   期末試験50%、平常点(小テスト・課題提出・授業参加度等)50%によって評価する。
  履修上の条件
   ドイツ語Tを修了していること。継続的な出席を心がけ、発音練習や会話練習には積極的に参加すること。
  使用テキスト・参考書
   テキスト:新倉真矢子・亀ヶ谷昌秀他『ゲナウ! コミュニケーションのドイツ語 ノイ』第三書房、2015年、2,500円+税