授業科目名 戻る
  フランス語T
  担当者名  梅比良 節子
  科目番号 単位 履修年次 開講数 分野
  7031 1 1・2 前1 教養
   備 考    
  授業の到達目標
   初めてフランス語を学習する学生を対象に、コミュニケーションに必要な文法と会話表現の基礎を学ぶ。ことばの背景にあるフランスの文化に親しむ。
  授業の内容
   『iConos(イコノス)-初心者のためのフランス語』の Leçon 0から5まで学習。各課ごとに@→Cの流れで授業を進める。@ディアローグ(基本のフレーズ)を覚える→A文法を理解する→B読む・聞く・書く・話すための練習問題→C学んだことを応用する練習。
(1)Leçon 0:アルファベ。あいさつ。
(2)フランス語の綴り字の読み方。
(3)Leçon 1:自己紹介。動詞être(〜である)。
(4)職業・国籍を表す語。
(5)Leçon 2:提示の表現。名詞の性と数。
(6)冠詞。エリジオン。
(7)Leçon 3:-er動詞(第1群規則動詞)。
(8)疑問文の作り方。
(9)Leçon 1〜3の復習。
(10)Leçon 4:動詞avoir(持つ)。数字1〜20。
(11)否定文。疑問文の答え方。時の表現。
(12)Leçon 5:形容詞のかたちと位置。数字21〜30。
(13)形容詞の特別なかたち。
(14)Leçon 4〜5の復習。
(15)前期まとめ。
  事前・事後の学修
   反復練習、単語の意味調べなど、毎回の授業で指示。

マルチメディアの活用
 テキストにCDが付属。音源のダウンロードもできる。教室では映像資料を活用。
  評価の方法・基準
   平常点(授業への参加、小テスト、提出物)50%、学期末試験50%を総合して評価。
  履修上の条件
   フランス語・フランスの文化に積極的な関心をもち、真剣に学ぶこと。履修希望者が多い場合は抽選とする。
  使用テキスト・参考書
   テキスト:松本伊瑳子他『iConos-初心者のためのフランス語』
      アシェット・ジャポン、2015年、2,200円
 参考書:仏和辞典(授業時に指示)