授業科目名 戻る
  情報と市民参加
  担当者名  秋元 みどり
  科目番号 単位 履修年次 開講数 分野
  7009 2 1・2 前1 教養
   備 考    
  授業の到達目標
   現代に生きる私たちにとって、情報を手にすることは身近であり、手軽にふれることができるものとなっている。特にインターネットの普及は、私たちのライフスタイルやものの考え方、判断基準のみならず、人や社会との関わり方にも影響を与えている。ますます加速化・多様化する情報化社会に生きていく私たちが、どのように情報とつきあうのかということは、社会をつくる一人としての市民参加と関わっている。
 この授業では、私たちのまわりに日々情報があふれるなかで、知識と教養を適切に身につける方法を習得するということに重点をおいて考える。
  授業の内容
  (1)オリエンテーション
(2)情報化社会に生きること
(3)情報を批判的に見るとは
(4)近年の社会運動と情報(1)
(5)近年の社会運動と情報(2)
(6)新聞の読み方(1)
(7)新聞の読み方(2)
(8)インターネットの使い方(1)
(9)インターネットの使い方(2)
(10)書籍の読み方(1)
(11)書籍の読み方(2)
(12)人からの情報の得方(1)
(13)人からの情報の得方(2)
(14)情報を発信すること
(15)まとめ
  事前・事後の学修
   授業で取り扱うテーマについて積極的に理解を深めること。
  評価の方法・基準
   課題等を含めた平常点(50%)、期末試験(50%)
  履修上の条件
   受講マナーを守って授業に臨むこと。
  使用テキスト・参考書
   参考書:授業時に資料を配付するほか、他の参考資料については必要に応じて授業内で通知する。