キャンパスライフ

サポートシステム

学生生活のバックアップ

奨学金制度

立教女学院では「立教女学院育英資金」および「立教女学院藤の会奨学金」という独自の奨学金制度を設け、学ぶ意欲をもちながら、経済的に学費補助を必要としている学生を支援しています。

学生相談室

大学生活はこれからのことや今までのことに思いを向けることが多くなる時期です。ひとりではなかなか整理がつかないこともあるでしょう。そんな時は学生相談室に立ち寄って、一緒にこころの整理整頓をしてみませんか? 学生相談室では、悩みや不安、将来の進路などについて、臨床心理士がカウンセラーとして相談に応じています。

アドバイザー制度とオフィスアワー

科目履修や生活の悩み、将来の進路など学生生活全般にわたって、専任教員が学生の個人的な問題の相談に応じる制度です。少人数で、教員と学生、学生相互の対話や交流を大切にする立教女学院らしい制度といえるでしょう。1クラス(25~30名)に対し、1名の専任教員がアドバイザーを担当します。
学生は、必要に応じて自主的にアドバイザーに指導や助言を求めながら、自分の目標に向かって、より充実した学生生活を送ることが求められています。オフィスアワーを設定し、学生が教員のもとを気軽に訪れることができるよう配慮しています。アドバイザーの教員に限らず、自由に訪問できます。

アドバイザー制度とオフィスアワー

保健室

何らかの原因で体調をくずしたとき、ケガをしたときなどのために、保健師が常駐し、救急措置や看護をしています。健康・安全管理にもていねいにアドバイス。年1回健康診断を実施し、学生の健康状態をチェックの上、状態に応じて適切な指導、助言を行います。さらに、月に1~2回、内科・婦人科の専門医が来校し、健康相談を行います。来校日の予定は事前に学生・就職課や保健室の前に掲示され、相談費用は無料です。

表彰制度

表彰制度
短期大学での2年間を通じて積極的に諸活動に参加し、他の学生の模範となった学生、学友会会長、マーガレット祭実行委員長に対して立教女学院短期大学賞を授与する制度です。

自宅外通学生の集い

自宅を離れ、一人で生活するのは、何かと不安がつきものです。「自宅外通学生の集い」は、衣食住のことなど、すべて自分の責任と判断で処理しなければならない自宅外通学生を対象に開かれます。当日は、夕方から教職員と会食や懇談をする場が設けられ、学生生活についての悩みごとなどが話題にのぼります。また、新入生に対し、やはり自宅外から通学する2年生や専攻科生が、これまでの自分の体験にもとづいて、生活の知恵や困ったときの対処法などをアドバイスします。学生の企画によるゲームや懇談をとおして新しい仲間づくりもできます。本学では毎年80~100名程度の学生が自宅外から通学しています。

アパート・学生寮紹介

自宅外からの通学者の住まい探しのため、過去に本学学生の利用実績のある不動産会社を紹介しています。また、大学の近隣には、民間の学生寮がいくつかあり、本学の学生が比較的多く住んでいる寮のパンフレットや資料を学生・就職課で閲覧できます。

卒業生の会

卒業後も立教女学院との結びつきを密接に保ち、互いに交流を深めている卒業生たち。「卒業生の会」は、その中心的組織です。全卒業生に向けて年1回会報を発行している他、マーガレット祭での「Home Coming Party」(短期大学と共催)、クワイヤ(聖歌隊)のOGを中心に結成された「マーガレット・コンソート」による演奏会などの活動をしています。

保証人会

本学では在学生の保証人の方々との相互理解を深めることを目的に「保証人会」を設けています。年1回開催となる集いの場では、聖マリア礼拝堂で全体会を行ったあと、各科にわかれて懇談のひとときを持ちます。ご意見を伺いながら、保証人の方々の疑問や不安にも応じています。